洗濯機の種類

1槽式

1960年代まで洗濯槽のみの洗濯機である一層式が主流でした。現在でも簡易・小型洗濯機の多くは1槽式が多くなっています。洗濯槽のみの洗濯機なので脱水機能はなく、脱水をするときは手で絞るか、洗濯機に付属されていたローラーで絞る必要があります。現在でも簡易・小型洗濯機としてはこのタイプの洗濯機は生き残っています。手やローラーで脱水する手間を省くための脱水専用の脱水専用機もあります。

2槽式洗濯機

洗濯槽は「洗い・すすぎ」と「脱水」を行う2つの槽に分かれているため、洗濯槽と脱水槽で洗濯物を数度移し変える必要があります。手間はかかりますが、洗濯とすすぎ・脱水が同時に行えることで全自動洗濯機よりも時間あたりに洗える洗濯量が増え、また単純な構造のために丈夫であることから、ガソリンスタンドや、理容店など業務用として根強い人気があります。

現代では住宅の設計や建築において、全自動洗濯機の設置を前提とおでされているため、全自動洗濯機に比べて横幅が広い2槽式洗濯機の設置をする場合には、設置する場所が確保できるか確認が必要となります。

3槽式洗濯機

2槽式洗濯機の亜種である3槽式洗濯機は、洗濯槽の上部中央に、更にもうひとつ小さなバケツ型の小型洗濯槽が設置されています。

自動2槽式洗濯機

洗いからすすぎの工程を自動で行うことができ、機種によっては脱水槽ですすぎから脱水までの工程を自動進行できる場合もあります。

全自動洗濯機

水の注水から最後の脱水の作業工程を1つの槽で行うことができる自動洗濯機は、1965年に第1号機が開発、発売されました。現代の全自動洗濯機は、一般的に「洗濯乾燥機」と呼称されており、全自動洗濯機に乾燥機能がついたことで水の注入から乾燥まで1つの槽で全自動で行うものが主流となっております。