修理が必要な症状

長年お使いの洗濯機に、次のような症状がでていませんか?

  • ・フタのしまりが悪い
  • ・洗濯槽の回転が悪い・または回転がなかなか止まらない
  • ・洗濯機本体、給水栓付近・ホースから水漏れがする
  • ・運転中に異常な音や振動がある
  • ・こげくさい臭いがする
  • ・スイッチを入れても動かないことがある
  • ・電気のコードやプラグが熱い

また、衣類に入れたまま洗濯してしまった小銭などが洗濯槽の溝の下に入り込んだまま放置していませんか?
洗濯機は通常通りに稼動してしまうので放置しがちですが、そのまま洗濯をし続けると、小銭や小物が排水コックまで入り込んでしまうため、本来は簡単な修理で終わるものだったのに、更なる修理費用がかかってしまう結果になってしまいます。小さな不具合は、そのまま放置せずに点検、早めの修理をすることで、更なる故障を未然に防ぎましょう。

気になる症状が出ましたら、当社の無料相談窓口までお気軽にご相談ください。

洗濯機の処分方法

洗濯機は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の対象家電となっているので、消費者がリサイクル料金を支払い家電小売店が回収し、メーカーがリサイクルをすることが定められています。
環境省もまた、洗濯機を廃棄する場合には、不用品回収業者に依頼せずに、家電リサイクル券を購入して、適正なリサイクルを行うよう求めています。

不用品回収業者に依頼した場合の問題点が3つあります

  1. 1.適切にリサイクルできているかの確認ができないことに加え、廃家電の不適切な処分により、環境汚染や健康被害など深刻な問題を引き起こしている例があります。
  2. 2.廃棄物の収集運搬の許可を持っていない業者による高額請求が問題となっており、これらの業者は廃棄物処理法に違反しているため刑罰の対象となっております。
  3. 3.買取を依頼しておきながら処理料金を求められる場合は、廃棄物処理法に違反しているので、消費者センターや自治体にご相談ください。
以上のことから、適正な家電のリサイクルを行いましょう。