洗濯表示

洗濯機を購入する時、高機能であることは魅力のひとつですが、その機能性を最大限に使用するためにも、的確な洗濯コースの選択や「洗濯表示」のチェックや洗剤や柔軟剤の成分選び、洗濯物の干し方や片付け方を知ることも大切です。

「ドライクリーニング」の表示があっても、家庭用洗剤の「ドライクリーニング用洗剤」を使用することにより、気軽にご自宅でクリーニングすることができます。
大切な衣類を正しく洗うためには、ドライクリーニング用の洗剤だけではなく、正しい洗剤量と、正しい洗濯コースを選ぶ必要がありますので、正しい洗濯を行うために、衣類の洗濯表示を確認しましょう。

洗濯機のプロのクリーニング店が使用する洗剤は専用のもので、家庭用の洗剤よりも洗浄力が高く、防縮やクリーニング後の仕上がりが優れています。普段着は家庭用のオシャレ着洗いを利用して、より大切な衣類はクリーニング店を利用するなど、使い分けすることをお勧めします。

洗濯ネットを使用する

ネットを使わないときよりも洗浄力は弱まり、すすぎの時間を十分にとらなければいけませんが、大事な衣類を洗濯するときには、洗濯ネットを使用しましょう。
使用用途によって様々な形や大きさのネットがありますが、ネットの効果を最大限に利用するためにも衣類にあった大きさのネットを使用しましょう。
プリント、装飾がある服や汚れのある部分が、外側になるようにするため基本的には裏返しにし、ホックやファスナーは、からみ防止のために閉めておきます。

外出先で汚れをつけてしまった場合

外出先で汚れをつけてしまった時には、洗濯で簡単に落ちるように応急処置を施しましょう。

  1. 1.乾いた布やティッシュで汚れをつまみとりましょう。揉んだり擦ったりすると、繊維の中に汚れをすり込んでしまうのでつまみとることが肝心です。
  2. 2.(水に溶けやすいシミは)布やティッシュを水で濡らし、乾いた布やティッシュでシミがある部分を押さえることにより汚れを移しとります。
  3. 3.乾いた布やティッシュで水分をよくふき取ります
この応急処置をすると、洗濯するときにシミ取りの手間や洗い直しが減ります。万が一、応急処置後の洗濯で汚れが落ちない場合には、部分洗い後に再度洗濯が必要です。
それでも落ちない場合には、シミ抜きクリーナーを使用したり、クリーニング店にご相談ください。