コラム

洗濯機のかさ上げ工事

皆様は、洗濯機の足の下に台のようなものがついているのを見たことがないでしょうか。それは、「洗濯機のかさ上げ」と呼ばれており、その時々の状況によっては洗濯機取付の際にかさ上げすることがあります。基本的にはかさ上げせずに設置できるケースがほとんどなのですが、どのような時にかさ上げを行うのでしょうか。

考えられる主なケースは二つあります。一つは、防水パンが設置されていないケースです。防水パンが設置されていない場合は、直接洗濯機の排水ホースを排水口につなげる必要があります。しかし高さが確保できないため、かさ上げして高さを確保するのです。もう一つは、スペースが足りなくて洗濯機の排水ホースが潰れてしまうケースです。無理に設置すれば排水が滞ったり、ホースが傷んだりしてしまうため、かさ上げが必要になります。

洗濯機のかさ上げはこのようなトラブルを解決するためにも必要ですが、それ以外にも「手が入りやすくなって排水口を掃除しやすくなる」「洗濯機の振動を抑制する」「通気性が良くなってカビの発生を防ぐ」といった効果もあります。
最初に述べましたように、基本的にはかさ上げをしなくても洗濯機を取り付けることは可能です。しかし前述のようなメリットもありますので、興味をお持ちの方は洗濯機の取付前に一度ご相談されてはいかがでしょうか。