コラム

洗濯機を詰まらせないためにできること

一人暮らしでも大家族でも、洗濯機は毎日のように使用されていることでしょう。その洗濯機が詰まってしまいますと一大事です。洗濯物は毎日発生しますし、水が防水パンから溢れてしまいますと周囲を水浸しにしてしまいます。これがマンションになりますと、階下にまで迷惑をかけてしまうかもしれません。それを防ぐためにも、洗濯機が詰まってしまわないように気を配る必要があります。

そもそも、どうして洗濯機は詰まってしまうのでしょうか。
洗濯機を回しますと、そこには洗濯物に付着していた汚れや糸くずなどが分離します。それが排水とともに洗濯機の外に出されるのですが、その際に汚れが塊になって蓄積していきますと、水の流れを塞ぎ、詰まってしまうのです。特にドラム式洗濯機は、節水効果が強いというメリットがある反面、水が少ないためゴミが流れにくくなるという欠点もあるようです。

洗濯機の詰まりを防ぐ方法はいくつかあります。
まず、定期的なクリーニングです。クリーニングしていなければ汚れが溜まっていきますし、カビなどが臭いを発生させる原因にもなってしまいます。必要に応じて、排水ホースを交換するのも良いでしょう。排水が流れるホースの内部にも汚れは溜まっていきますし、場合によっては破損して水漏れすることもあります。ご家庭によってはお風呂の残り湯を利用していることもありますが、残り湯には糸くずや人の垢なども含まれており、汚れを蓄積させる原因になってしまいます。
それでも詰まってしまった場合は、ご自身で解決できる場合もありますが、なるべく洗濯機修理をご依頼されるのがよろしいでしょう。皆様からのお問い合わせをお待ちしています。