コラム

洗濯機を長く使うコツ

洗濯機の寿命は機種にもよりますが、おおよそ8年という目安があります。8年間というと意外と使えるような印象を持たれるかもしれません。
しかし、これはあくまでも目安。機械なのでいつ壊れてもおかしくはありません。この時期は新生活が始まったばかりで、まだピカピカの洗濯機を使っている方も多いと思います。そこで、その洗濯機を出来るだけ長く使うためのコツを取り上げます。
まずは、洗濯機に負担をかけすぎないということが大切です。これはどの電化製品にもいえることかもしれませんが、具体的にどうすればいいかというと「衣服を入れすぎないようにする」ということです。一度に洗濯を終わらせてしまいたい気持ちも分かりますが、これだとモーターが消耗しやすくなってしまいます。モーターが故障すれば、水漏れなどの原因になるので気をつけたいですね。
他には、元栓に気をつけるのもコツです。忘れてしまいがちですが、元栓が開いたままだと常に水の負担が洗濯機にかかることになります。洗濯機を使わない時は元栓を閉めておくようにしましょう。
まだまだ他にもコツはありますが、普段からちょっと意識するだけで洗濯機の寿命が伸びる可能性があります。
修理や交換には、お金がかかるもの。今日から気をつけて長く洗濯機を使っていきましょう。