コラム

洗濯機の取り付け場所を見てみましょう

洗濯機は私達の生活に欠かせない物ですので、ほとんどのご家庭には洗濯機が取り付けられていることでしょう。しかし古くなった洗濯機は故障のリスクが高まりますので、タイミングを見計らって洗濯機を交換する事があります。そうなりますと洗濯機の種類も変わる事になりますが、その種類によっては洗濯機の取付が非常に難しくなる事があります。新しく購入したり、交換したりする際には以下の点にご注意ください。

・搬入経路
洗濯機は大きいため、搬入経路が確保できなければ取り付けられません。まずは洗濯機の横幅を確認し、次に搬入経路の中で最も狭い場所の幅を計測します。後者のサイズが洗濯機の幅より10cmは広くなければ、搬入は困難になります。

・設置場所のスペース
防水パンが設置されている場合は、底の縦横の寸法を測ります。また、ドラム式乾燥機の場合は洗濯物を出し入れする扉の開閉スペースが必要になるのを忘れてはいけません。

・排水口の位置
洗濯機の真下に排水口がありますと、排水ホースが取り付けられなくなることもあります。その場合はかさ上げ工事を行うこともあります。

洗濯機を取り付ける際には、以上のことを注意して行わなければいけません。これらはご自身で行うことは可能ですが、万全を期して、洗濯機業者に来てもらい、実際に現場を見てもらうのもよろしいでしょう。その際は、当サイトよりご相談ください。