コラム

洗濯槽の掃除はこうやろう!汚れ取り除きマニュアル

洗濯槽の掃除はこうやろう!汚れ取り除きマニュアル

 

洗濯機からカビ臭いようなニオイがしたり、洗濯物を干そうとしたら何かカスがついていたり…そんな経験あるんじゃないでしょうか?これは洗濯槽に発生したカビが原因なのです。汚れた洗濯槽で洗濯すると洗濯物にもカビや汚れがついてしまいます。せっかく洗濯した衣類にカビがつくのは嫌ですよね、それに悪臭の元になってしまうのです。

そこで今回は、いつでも洗濯槽をきれいにできる簡単な洗濯機掃除の方法や未然に防ぐ方法について説明していきます。

洗濯槽は意外と汚れる!掃除しない洗濯槽にはこんな危険が…

洗濯機は衣類をきれいにするので、あまり汚いイメージはないかもしれません。しかし水分が多く、風呂の残り湯を使ったり乾燥機を使ったりで湿度の高くなった洗濯槽は風呂場以上にカビが繁殖しやすい環境になってしまうのです。そんな汚れやカビが溜まったままの状態で洗濯をしてしまうと、洗濯物にもカビや汚れが付着してしまい、肌荒れやアレルギー症状を引き起こす原因になる可能性が出てきてしまいます。

洗濯槽の汚れ

普段みえない洗濯槽の裏側には「溶け残った洗剤」「洗剤の残りカス」「付着した水垢や泥」などの汚れがこびりついています。

洗濯槽に繁殖するカビ

洗剤と汚れが結合して洗剤カスが発生し、空気中のカビがこれを分解させて自然に戻そうとすると黒カビになります。黒カビは洗濯し直しても落ちないですし、嫌なニオイを発生させてしまいます。

汚れで洗濯機が故障することも?

ゴミがつまって排水できなくなってしまい、溢れ出した水で床がビシャビシャなんてこともあるようです。

カビ・汚れを一気に洗浄する効果的なお掃除手順

汚れを一気に洗浄するお掃除手順

 

ではどうすればカビや汚れを取り除けるか、どんな掃除をしたら洗濯槽がきれいになるか、ここではその手順を説明していきます。洗濯槽の掃除は半日近く必要なので、昼過ぎからはじめれば翌日の洗濯に間に合います。

STEP1:洗濯槽以外の部分を洗浄する

まずは洗濯槽以外を掃除します。取り外すが可能なパーツは大まかなゴミを取ったあと、歯ブラシを使って水洗いをすると良いでしょう。

  • ・洗剤ケース
  • ・乾燥フィルター
  • ・排水フィルター
  • ・ゴミ取りニット
  •  

    特にこれらのパーツが汚れていると、洗濯物に汚れが付着する原因となるので念入りに洗浄しましょう。そして洗濯機本体も併せて掃除します、まずは乾いた雑巾で表面の汚れを拭き取りましょう。そして重曹を溶かした水を作りスプレーボトルで吹きかけながら拭いていきます、こうすると表面の皮脂汚れが消えて手触り良く仕上がります。

    STEP2:洗剤とぬるま湯で洗浄する

    洗剤を使って洗濯槽を洗っていきます。まずは洗濯槽に40度~50度のお湯を溜めます。ただし、耐用温度が低い洗濯機の場合は取り扱い説明書の表記に従って温度を決定してください。お湯程の効果は期待できませんが、水でも十分代用可能です。そして洗剤を投入します。また、洗濯槽の洗剤は重曹でも代用することが可能です。重曹を使用する場合は粉末で200gです。

    STEP3:洗濯機を回し浮いた汚れをすくい取る

    洗濯機を回します、「念入りコース」や「遠心力コース」がある場合はそちらのほうが洗浄力が増すのでオススメです。何度か回したら排水する前に洗濯機を止めてそのまま5~6時間ほど放置します。そうするとその間に黒カビがお湯に浮かびはじめます。そしてもう1度洗濯機を5分ほど回します、攪拌されて沈んでいたゴミやカビが浮いてくるので網やゴミすくいネットで除去しましょう。

    そのあとはすすぎ洗いとゴミの除去を繰り返し、目視可能なゴミがなくなったら脱水を行います。このときゴミ取りネットをセットしてください。ゴミ取りネットに溜まった小さなゴミを捨てて掃除完了です。このとき蓋を閉めてしまうと湿気がこもりカビが生えやすくなってしまうので、乾燥が済むまで蓋は開けたままにしておいてください。

    どれを使う?目的で使い分けたい3種類の洗剤をご紹介

    洗濯槽の掃除に使える洗剤は大きく分けて「重曹」「塩素系」「酸素系」の3種類があります。ここではそれぞれの特徴を解説していきます。

    塩素系

  • カビを分解して除去する
  • 強い殺菌作用がある
  • 取り扱いには注意が必要
  •  

    液体タイプの商品が多く、目に見えない雑菌も分解してくれます。しかし塩素系の洗剤なので取り扱いには注意が必要です。

    酸素系

  • 過酸化ナトリウムの強い発泡力でカビをはがし取る
  • 衣類へのダメージが少なく、ニオイも気にならない
  • 殺菌効果は塩素系に劣る
  •  

    強い発泡作用でこびりついた汚れを剥がし取ります。取れた汚れが目で確認しやすいというのも特徴です。しかし殺菌作用に関しては塩化系の洗剤に劣ります。

    重曹

  • 酸性の汚れを落とすが洗浄力は弱い
  • 消臭効果がある
  • 手軽に手に入り安価
  •  

    何よりも価格が安く、手に入りやすいことが特徴です。しかし他の洗剤ほどの浄力はありませんので、重曹で洗濯槽の掃除をする場合は、週に1度など短い間隔で繰り返し掃除するのが効果的です。

    洗濯槽の汚れを徹底予防!4つの効果的な方法

    汚れを未然に防ぐための効果的な予防方法

     

    ここでは洗濯槽の汚れを未然に防ぐ4つの効果的な予防方法を紹介します。

    正しい量の洗剤を使う

    洗剤を使いすぎると溶け残ってしまい、黒カビが繁殖する原因になります。逆に少なすぎると洗濯物の汚れがきちんと落ちず、黄ばみやシミが残る原因となってしまいます。洗濯物と洗濯槽、両方をきれいに保つためにも適した量を使用しましょう。

    洗った洗濯物はすぐに取り出す

    洗濯を終えたあとの洗濯槽は雑菌が繁殖しはじめます、そんな状況を作らないように洗濯物はすぐに干すようにしましょう。クエン酸などの抗菌・殺菌作用のある物を使うのも効果的です。そして選択する物を直接洗濯機に入れるのもいけません、雑菌を繁殖させてしまいます。洗濯物は洗濯カゴなどに入れておいて洗うときになったら洗濯槽に入れましょう。

    洗濯機はいつもフタをされているので雑菌がそうだ育ちやすいのです。

    1~2か月に一度のクリーニング

    洗剤や重曹を使った洗濯槽の掃除は定期的に行うことでより効果を発揮します。1か月に1度を目安に行うと黒カビが出る量が減っていき、洗濯槽がきれいになったことを実感できるでしょう。洗濯槽だけでなく洗剤の投入口やゴミ取りネットなどのパーツは簡単に取り外すことができるのでこちらも定期的にスポンジやブラシで磨くと良いでしょう。

    細かいパーツですがこういった部分の汚れも洗濯物につくことがあります。

    自動洗浄型洗濯機を使う

    一般的な洗濯機よりも洗濯槽にカビがつきにくいことが特徴の自動洗浄型洗濯機を使用するのも効果的と言えるでしょう。

    まとめ

    汚れやカビを除去するためには定期的な洗濯槽の掃除が大切です。汚いままで洗濯したらせっかく洗濯した衣類が台無しになってしまいます。お気に入りの服を洗濯したら黒カビがついてしまった…なんてことは嫌ですよね。 そしてこれから訪れる梅雨の季節、部屋干しをしている間に雑菌やカビ菌を含んだ水分が部屋中にばら撒かれてしまうかもしれません。

    そうならないためにも掃除方法や洗剤についての正しい知識を身に着けて、きれいな洗濯槽を維持していきましょう。