コラム

洗濯機のイヤな臭いを今すぐ防止したい!臭いの原因と対策を抑えよう

洗濯機のイヤな臭いを今すぐ防止したい!臭いの原因と対策を抑えよう

 

洗濯機や洗濯物から漂ってくる、雑巾のようなイヤなにおい・・・すごく気になりますよね。ついうっかり、洗濯機の中に洗濯物を長時間放置してしまったり、糸くずフィルターのごみをためたままにしたりしていませんか?また、忘れがちなところですが洗濯機そのもののお掃除をしてあげることもとても大切です。

洗濯機の臭いは、日ごろの心がけしだいで軽減することができます。この記事では、洗濯機の臭いの原因やその対処法、加えてお掃除方法をご紹介します。

これを読んで、快適な洗濯ライフを送りましょう。

 

洗濯機の臭いの原因ってなに?

①カビや細菌

洗濯機のフチや洗剤の投入口などは汚れがたまりやすく、水分が蒸発しにくくなっています。洗濯槽の裏側もカビが発生しやすい場所です。カビにとって、風通しの悪いじめじめした環境と衣類や洗濯機についた汚れは栄養分。放置したまま洗濯機を使用しているとどんどん増えていってしまいます。細菌もカビと同じく汚れやじめじめした環境によって発生します。

 

②洗剤

洗濯機で十分に洗剤をすすぎ落とすことができないままだと、洗剤の香りが残り、それがカビや細菌の臭いと混ざってしまうことで、洗剤に似たイヤな臭いが発生します。

洗剤や柔軟材の香りの強さ、それらの量も関係してきます。

 

③排水口

排水口から下水の臭いが上がってくる場合があります。普段は洗濯機の下に隠れていて見えない部分ですが、排水口と排水ホースの間に「排水トラップ」という、下水の臭いが上に上がってこないよう常に水をためておく部品があります。これに汚れがたまっていると排水の流れが悪くなり、本来の役目を果たせなくなります。

 

洗濯機のイヤな臭いの原因は、主に汚れが関係しているということがわかりました。

では、この臭いを放置してしまうとどのような危険があるのでしょうか?

 

洗濯機の汚れを放置しない!

洗濯機の汚れを放置しない!

 

洗濯機の汚れは子どものアトピーの原因に

洗濯機は、衣服を清潔な状態にするものです。そして衣服は常に人の肌に触れているもの。カビや細菌のついた洗濯機で洗濯した服を毎日着ていると、小さな子どものアトピー性皮膚炎やぜんそくの原因になることがあります。

これまでアトピーに悩んできたという子どもも、洗濯槽をきれいにしたら症状が軽くなった例があるくらい、汚れの影響はかなり大きいものと言えます。

そういった危険を未然に防ぐためにも、事前にできることはしっかり押さえておきましょう。

 

日ごろからできること

 

・洗う前・洗った後の洗濯物を洗濯機の中に長時間放置しない。

・洗濯機のふたは常に開けっぱなしにし、中を乾燥させておく。

・洗濯機を置いている場所は常に風通しをよくしておく。

・お風呂の残り湯はできるだけ使わない。

・決まった量以上の洗剤や柔軟材は入れない。

 

定期的にしておくとよいこと

 

・洗濯機専用洗剤で洗濯機(特に洗濯槽)の掃除をする。

・排水口、排水トラップの掃除をする。

・40度以上のお湯を洗濯機に入れる。

 →カビの死滅につながります。洗濯機の耐熱温度はほとんどが50度前後なので、それより高い温度の熱湯を入れると故障につながるので注意!

 

続いて、洗濯機の気になるお掃除方法をご紹介していきます。

 

洗濯機のお掃除を忘れずに!

洗濯機のお掃除を忘れずに!

 

お掃除箇所と頻度

お掃除箇所は、先ほども述べましたが洗濯機本体と排水部分の2つに大きく分かれます。

洗濯機本体の中にはそれぞれ細かい部品があるので、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

【洗濯機本体】

・洗濯槽

・ふた、フチ、段差のある箇所

・洗剤の投入口

・フィルターなど取り外し可能な部品

 

いずれのお掃除も、おすすめの頻度は月に1回。特に気になる箇所は毎日掃除するのもOKですが、月に1回の頻度ならカビが発生するサイクルを作らないようにできるでしょう。

洗濯槽のお掃除は洗濯槽クリーナーを使用しましょう。

ふたやフチについた汚れは、水を含ませたやわらかい布や綿棒を使って取り除きましょう。取り外し可能な部品は水洗いしましょう。

 

【排水部分】

・排水口、排水トラップ

・洗濯バン

 

できれば半年に1回の頻度でお掃除したいところ。普段は洗濯機の下に隠れているのでその分ホコリもたまってきます。掃除をおこなうときは部品ごとにきれいに洗いましょう。

 

必要な洗剤

カビや細菌を除去するには、洗濯槽クリーナーがおすすめ。ただし、洗濯槽クリーナーには塩素系漂白剤と酸素系漂白剤があり、それぞれ異なる特徴があるので覚えておきましょう。

 

・塩素系漂白剤

汚れ落とし効果がかなり強力なので、まめなお手入れが苦手な方におすすめしたい洗剤です。キッチンやトイレ、浴室のカビ取りにも使われています。ただ、効果が強力な反面、肌への刺激が強いためアトピー患者がいる場合は酸素系漂白剤を使ったほうがよいと言われています。

 

・酸素系漂白剤

塩素系漂白剤に比べて汚れ落とし効果は強くありませんが、肌への刺激が少なく、洗濯物に使用する際は繊維を傷付けたり色落ちの心配もありません。まめにお手入れされる方にはおすすめしたい洗剤です。

 

中にはお子様の肌への影響を考えて、上記のような薬品ではなく身体にやさしい製品を使いたいという人もいます。

そこで良く使われているのが、お酢です。

お酢には「酢酸」といった成分が含まれており、これがカビなどの汚れをしっかり落とす役割をもっています。

料理に使われる調味料なので、人体に悪影響がないという点でとても安心できますね。

 

業者に頼む方法も

洗濯機のお手入れをしたいと思っていても、なかなか時間がとれずどんどん後回しにしてしまい、気付けば半年、一年と時間がたっていることがあるかもしれません。

そんなときは、洗濯機のクリーニングを専門とする業者に頼んでみましょう!

プロの業者であれば、洗濯機内部の部品を分解してひとつずつ洗浄してくれるため、薬品に頼るよりも確実にきれいになります。

 

まとめ

汚れのないきれいな状態の洗濯機を使えば、洗ったものもきれいになります。

ぜひご自宅の洗濯機の臭いの原因をつきとめて、先ほどご紹介したお掃除方法や日ごろからできることを実践してみてください。

それでもあのイヤな臭いが解消できなかったり、忙しくて掃除をする時間がないという方は、腕のあるプロに頼んでみましょう。

洗濯機は、わたしたちにとってなくてはならない生活必需品です。いつでも快適に使っていきたいものですね。