コラム

洗濯機が回らないときはどうしたらいい?困ったときの対処法を伝授

洗濯機が回らないときはどうしたらいい?困ったときの対処法を伝授

 

  

「急に洗濯機が回らなくなってしまった……」突然、洗濯機が使えなくなったら困りますよね。コインランドリーまで洗濯物を持っていくのも、面倒なものです。急に洗濯機が故障してしまったとき、私達はどうしたらいいのでしょうか?

 

  

そもそも洗濯機が回らなくなった原因とは何なのか。まずは故障した原因を知っておくことが、解決の早道です。毎日のように使う洗濯機だからこそ、大切に長く使いたいものです。今回は、洗濯機が回らなくなってしまったときの原因と、解決法をご紹介していきます。

 

  

 

  

洗濯機が回らない原因を知っておこう

洗濯機が回らない原因にはどんなものがあるのでしょうか。洗濯機が止まってしまった原因には、以下のようなものがあります。

 

  

洗濯機から異音がするなら洗濯物の入れすぎかも

洗濯機から何か変な音がしていませんか?洗濯機が回らなくなる原因で一番多いのが、洗濯物の詰めすぎです。金属がすれているようなカラカラという音がして回っていないときは、洗濯物の入れすぎが原因かもしれません。

 

  

洗濯物の詰めすぎると、全体のバランスが崩れて洗濯槽がスムーズに動きにくくなります。ネットに入れても同じことなので、普段から洗濯物は溜めこまずに、小まめに洗濯するようにしましょう。

 

  

排水が詰まっている?

脱水ができていなかったり、排水が上手くいっていなかったりすると止まってしまうことがあります。ゴミ取り用にネットがついていますが、全てのゴミを取りきれているわけではありません。取り切れずに残ったゴミが、排水ホースに絡まって排水が上手くいかなくなるのです。

 

  

ヘアピンなどの金属やティッシュをポケットに入れたまま、知らずに洗ってしまった経験がある方もきっといらっしゃるでしょう。それらが洗濯後にホースなどに詰まると、故障を招くこともあります。

 

  

洗濯物が回らないのはパルセーターの故障

洗濯機は起動しているのに、洗濯が終わったと思ってみてみると、洗濯ができていないこともあります。そのようなときは、洗濯槽に問題があるかもしれません。パルセーターが故障して、洗濯機が回らなくなることがあります。パルセーターとは、全自動洗濯機の下の方にある円盤型のプロペラのことです。

 

  

パルセーターの真ん中部分には負荷がかかりやすいため、故障しやすいのです。パルセーターに金属品などが詰まって故障することもあります。

 

  

洗濯機・洗濯槽が回らないときはどうしたらいい?

洗濯機が回らないときはどうしたらいい?困ったときの対処法を伝授

 

  

洗濯をしていて、急に洗濯機が回らなくなってしまったら、修理に頼むしかないのでしょうか。ぜひ修理に出す前に一度、ご自分でもできる対処法をお試しになってみてください。もしかしたらすぐに直るかもしれません。

 

  

洗濯物を入れるのは8割程度で!

洗濯物をぎゅうぎゅうに入れてはいませんか?洗濯物の詰めすぎは、故障につながります。洗濯物は8割程度が適量です。もし洗濯物を洗濯槽いっぱいに入れていたら、洗濯物を少し減らしてみましょう。

 

  

排水口のゴミを取ってみよう

排水口にゴミがたまっていませんか?ゴミを取ってやることで、排水がスムーズに行くことがあります。排水ホースにゴミが詰まっている場合もあります。排水ホースを一度取り外してみて、要らない割りばしなどでゴミを取り除きましょう。

 

  

設置場所を変えれば改善することも

設置の仕方が悪いと、洗濯機が故障することがあります。コンピューターが傾きを感知し、エラー表示が出ているかもしれません。洗濯機自体が斜めに傾いていると負荷がかかってしまい、上手く回らなくなってしまいます。設置場所が傾いていたり、凹凸があったりする場合、位置を直すことで直るケースもあるのです。洗濯機が床部分と水平になるように設置されれば、回転が上手くいくようになります。

 

  

洗濯機は自分でも直せる?

洗濯機が回らないとき、まずご自分でもできることがあるかもしれません。修理に出す前に、一度ご家庭でもできることを試してみましょう。こちらでは、ご自分でできる簡単な対処法をご紹介します。

 

  

排水口専用の洗剤で掃除をしよう

洗濯機から流れた汚水は、時間の経過とともに排水口周辺にたまっていきます。排水口に汚れがたまると詰まりの原因になります。また悪臭を放ち、放っておくと洗濯物に排水口の臭いが移ってしまうこともあるのです。そのような事態を防ぐために、排水口専用の洗剤を使って、排水口の掃除をしておきましょう。定期的に1カ月に1度などのペースで普段から掃除をしておけば、故障を未然に防ぐことができます。

 

  

「パルセーター」を交換してみよう

円盤部分のパルセーターは、ご自分で交換することができます。メーカーに修理を依頼すると数万円かかるところ、ご自分での交換なら費用も数千円で済むのでお得です。お使いの洗濯機のパルセーターが交換できるかどうか、お近くの家電店やメーカーに問い合わせてみましょう。

 

   パルセーターは消耗しやすいので、3~4年で1度の交換を目安にします。作業するときは、感電防止のためコンセントを必ず抜いてから交換作業をするようにしてください。

 

  

それでも直らなければ修理を

ドラム式の洗濯機は、ホコリが内部に溜まりやすくなっています。解体をしないとホコリが取り出せないため、ご家庭ではなかなか対処が難しくなるものです。ドラム式の洗濯機が回らなくなったら、販売店やメーカー、業者などに修理を依頼した方が早いでしょう。

 

  

自分で直せないときはどうすればいい?

自分で治せないときはどうすればいい?

 

  

どうしても自分で直せないというときは、以下のような解決法があります。

 

  

販売店、メーカー、業者に修理を依頼する

排水口のゴミを取ってパルセーターを交換までしたけれど直らないという場合、コンピューターの基盤に問題があるかもしれません。コンピューターの基盤自体に問題がある場合は、なかなかご家庭では直すことが難しくなります。

 

  

その場合はメーカーや販売店、家電業者に修理を依頼しましょう。洗濯機の型番はもちろん、どのようなエラーが出ていたのかもメモしておくと、依頼するときにスムーズです。

 

  

8年程使っているのなら買い替え

修理の内容によって料金も変わるので、買い替えた方が安いという場合もあります。一般的に洗濯機は、8年程が買い替えのタイミングだといわれています。「洗濯機が回らなくなったけれど、そういえば買ってから8年位が経つな……」と思ったら、買い替えを考えた方がいいでしょう。

 

  

買い換え費用を抑える方法がある!

洗濯機は粗大ゴミには出せません。要らなくなった家電でも、まだ内部に使える部分が存在しており、粗大ゴミの処理施設で家電を処分することはできないためです。

 

  

家電リサイクル法という法律をご存じでしょうか?家電を処分する際に、使える材料を内部から取り出してリサイクルをする費用を、捨てる人が負担しなければならないという法律です。家電をリサイクルするときは、「家電リサイクル券」の購入費用が数千円かかります。

 

  

買い替えるついでに古い洗濯機を処分するのなら、販売店が古い機種の回収とリサイクル料金の回収もしてくれます。不用品の回収業者でも、リサイクル料金と運搬費用を支払えば、古い洗濯機を回収してくれます。古い機種を処分をするだけなら、販売店か郵便局でご自分でリサイクル券を購入する必要があります。

 

  

このように家電にはリサイクル費用がかかるので、洗濯機がまだ使えるのであれば、リサイクルショップなどに買い取ってもらいましょう。今では、アプリで買い取ってもらうこともでき、オークションなどに出品も簡単にできるので利用してみるもの手です。また地方自治体によっては、無料で引き取って欲しい人に渡してくれるところもあります。ちなみに新しく購入する場合は、新機種が発売されたタイミングで1つ型落ちした機種を買うと、性能がいい機種を安く購入できます。

 

  

まとめ

洗濯機が回らくなったのにはどのような原因や対策があるのかを、詳しくご紹介してきました。ご自分でパラメーターを交換するときなどは、感電をしないようにコンセントを抜いてから行ってください。また故障を防ぐには、普段からポケットに異物が入っていないかよく確認して、洗濯機に洗濯物を入れましょう。

 

  

容量の大きい洗濯機だとついつい詰め込んでしまいがちですが、洗濯物を8割程度に抑えて小まめに洗濯を行うことも大切です。洗濯機は衣類を清潔に保つために必要不可欠なもの。長く使えるように、普段から丁寧に使うことを心がけたいものです。