コラム

洗濯機に水がたまらない原因。水のため方や排水弁の確認法などを紹介

 洗濯機に水がたまらない原因。水のため方や排水弁の確認法などを紹介

 

洗濯機に水がたまらなくなってしまったことはありませんか?水が溜まらないと洗濯そのものができないので困ってしまいますよね。そこで今回は、洗濯機に水が溜まらない場合の、よくある原因やいくつかの対処方についてお伝えしていきます。

そして、今すぐ洗濯をしたい!という場合の緊急手段のひとつとして知っておきたい、修理業者の選び方についてもお伝えしていきます。

 

 

▼洗濯機に水がたまらない!よくある原因

まずは、洗濯機に水が溜まらなくなってしまう原因の中でもよくあるケースを紹介していきます。

 

・原因が排水弁にあるケース

洗濯機の中には排水弁という部品があります。これは、洗濯槽へ流れ出した水がそのまま排水溝に流れ出ないようにするダムの水門のような役割を果たしています。この排水弁が正常に働かなくなると、注水してもすぐに全部排水されてしまいます。

排水弁の不具合は大きくわけて2つ存在します。

理由その1……排水弁が詰まっている

排水弁に汚れや異物が詰まってしまうと、弁を閉じることができずに、水が溜まらなくなってしまいます。

理由その2……排水弁のモーターが故障している

排水弁から水を排水するとき、内部のモーターが稼働することで水を止めている弁を開くのですが、このモーターがうまく動かないと、弁を開くことができなくなってしまいます。

 

・原因がバルブの詰まりのケース

水道と洗濯機を接続しているバルブ部分に汚れが詰まってしまうことで、注水できなくなることもあります。バルブ部分は洗濯機の電気信号を受け取って弁が開くしくみになっており、そうして流れてきた水を使います。

しかし、バルブに汚れなどが詰まっているとうまく開閉できなくなってしまうことがあります。

 

・水が止まっているだけ

原因が洗濯機ではなく、そこまで水を流している水道にあるケースも存在します。水が出てこないと色々調べてみたら、ただ水道の蛇口が閉まっていただけだったというパターンも少なくないようです。

水道そのものが、なんらかの原因で止まっている可能性もあります。工事や点検のための一時的な断水があるのを忘れていたり、なんらかの理由で水道が止められていたということもありえます。また、寒い地方では、水道管が凍ってしまい水を出せないということもあります。

 

▼洗濯機に水がたまらない時の対処法

洗濯機に水がたまらない時の対処法

 

洗濯機に水が溜まらなくなっている場合に使える、いくつかの対処法をお伝えします。ただし、対処方法の中には家電修理の資格を所持している必要があるものも存在します。

 

・排水弁の異物を除去する方法 

この方法は、家電修理の資格が必要なものです。そのため、資格をお持ちでない人は参考程度にするようにしてください。排水弁の詰まりによって水が流れていかない場合は、その詰まりを解消すれば水が出てくるはずです。

そのためにも、まずは作業に必要な工具を揃えましょう。といっても、基本的にはプラスドライバーが1本あればなんとかなることが多いです。ですが、ウォーターポンププライヤーやラジオペンチといった工具もあると作業が簡単になります。

ここからは対処法の解説をしていきます。

 

手順1. 電源を切り、コンセントを抜き、排水ホースも取り外す

手順2. 裏側のネジ止めをドライバーで外し、パネルを取り外す

手順3. 洗濯機の内部が見えるので、排水弁を探す

手順4. 排水弁を見つけたら、ウォーターポンププライヤーを使って排水弁のフタを開け、開いた弁をそのまま引き抜く

手順5. 弁があった穴に指を突っ込むなどして中に詰まっている異物を探す(手を突っ込むのに抵抗がある場合は、ラジオペンチなどを使う)

手順6. 異物が取り出せたら、開けたときとは逆順で排水弁やパネルを取り付けていく

手順7. 最後に注水して水が溜まるかを確認。きちんと洗濯槽に水が溜まれば作業完了!

 

・バルブの詰まりを解消

給水バルブに汚れが詰まっている場合は、水を一旦止めたのちにバルブを取り外して洗浄すれば、詰まりは解消します。もしも汚れが落ちにくいときは、重曹や洗剤を使って洗ってあげればキレイに汚れが落ちやすいです。

 

▼とりあえず!洗濯機に水をためる方法

注水する部分に問題があるだけなら、他の場所から水を持って来て直接洗濯機に流し込むことで水を溜めることはできます。バケツで水を持ってきたり、お風呂のお湯を洗濯機に再利用するときに使われるポンプを利用することで洗濯機に水を溜めます。

このとき気をつけて欲しいのが、洗濯機の電源はONにしておくということです。洗濯機の排水弁は電源が切れているときは開いています。そのため、電源を入れていない状態で水をいくら入れても、すぐに排水されてしまいます。

水を溜めることができたら、いよいよ洗濯機を使用しますが、このとき自動モードではなく手動で一つ一つの工程を進めて行きます。まずは洗い工程で洗剤を使って洗濯物を洗浄していきます。これが終わって排水されたら、次にすすぎ工程を行うための水を、もう1度入れます。

そして、すすぎと脱水のみを設定して再び洗濯機を動かします。この手動モードの方法はメーカーや機種によって違います。分からない場合は、お使いの機器の説明書で調べるか、メーカーのカスタマーサポートなどに相談してみてください。

 

▼どうしても水がたまらない場合は… 

どうしても水がたまらない場合は…

 

排水弁やバルブの詰まりも確認し、洗浄したにも関わらず、やはり水が出ない…溜まらない…。そんな状態から脱せない場合は、本格的に業者に修理を依頼する必要がありそうです。

 

・作業が危険、難しいという時はプロに相談!

重量があり複雑な部品も多い洗濯機、本格的に修理するとなれば素人には難しいですし、資格が必要なことから分かるように感電などの危険もあります。そのため、洗濯機を本格的に修理する必要がある場合は、早くて安全なプロに相談することをおすすめします。

 

・安く修理したい!どうすればいい?

業者に修理を依頼する場合は、少しでも安く済ませたいところです。そのためには、まずは複数の業者に見積もりをとり、比較してみましょう。そしてその中から1番コストがかからない業者を選べば、安く済ませることが可能になります。

また、依頼する際に最低限の修理にとどめてもらうことで、価格を抑えることができます。

しかし、故障した洗濯機の年式が古かったり、修理費用が予想以上に高い場合は、修理せずに買い替えを検討してみたほうが安く済む可能性もあります。

 

▼洗濯機の寿命は?長持ちさせるコツ

洗濯機の平均稼働年数は機種やメーカーにもよりますし、使い方によって変わってくることもありますが、基本的には8年ほどです。ですが、使い方が悪いと洗濯機の寿命はどんどん縮んでいきます。

そこで、洗濯機を長持ちさせるためのコツをいくつかご紹介したいと思います。

コツ① 1度に大量の洗濯物を洗わない

洗濯機は稼働すればするほど寿命が減っていきます。洗濯回数を減らすために、1回の稼働で多くの洗濯物を洗ってしまおうとする人もいるようですが、これはやめましょう。大量の洗濯物を1度に洗おうとすれば、洗濯機に大きな負担がかかります。その結果、余計に寿命を減らしてしまう可能性が高いのです。

コツ② 洗剤は適量で

しっかりと汚れを落とすために洗剤を規定以上の量を入れてしまう人もいますが、これもNGです。洗剤が多すぎると洗濯槽に洗剤が残ってしまったり、洗濯物にもダメージを与えてしまいます。洗濯機だけでなく洗濯物にも悪影響ですので気を付けましょう。

コツ③ 使わないときは蛇口を閉める

水道の蛇口が開きっぱなしだと、常にバルブ部分や洗濯機本体に水圧がかかっていることになります。

コツ④ メンテナンスを忘れない

洗濯機は使っていけば各部分に汚れがたまっていきます。特に洗濯槽の中は肉眼では汚れが確認できないため、ついつい放っておきがちです。月に1度程度でもいいので、樽洗浄や外部の掃除をおこなうようにすることも、洗濯機を長く使う秘訣です。

 

▼まとめ

洗濯機に水が溜まらないと、洗濯ができなくなり非常に不便です。水が溜まらなくなる原因はいくつかありますが、特に多いのは排水弁の不具合か、バルブの不具合のどちらかです。

排水弁の不具合は異物や汚れの詰まりによるもの、または弁の開閉に使われているモーターの故障もありえます。バルブの不具合も、排水弁と同じく汚れが詰まっていることが原因であることが多いようです。

しかし、そうしたよくある原因を調べて対処してみても水が溜まらないことがあります。そういった場合はプロに修理を依頼することをおすすめします。

場合によっては、修理費の見積もりと比較して、新しく買い替えたほうがお得な場合もありますので、このあたりも費用に合わせて検討するようにしましょう。