コラム

洗濯機が脱水できなくて困った!単純なことが原因かも?対処法まとめ

洗濯機が脱水できなくて困った!単純なことが原因かも?対処法まとめ

 

いつものように洗濯をしていたら、とつぜん聞こえる「ガッ」や「ピーピー」という音。確認しようと開けてみれば、多量に水を含んだ衣類がかたまりになっており、何度もやり直しても全然脱水ができない……。

脱水できないというトラブルが頻繁に起きてしまうと、故障の心配もあります。買い替えなども検討しなくてはなりません。しかしむだな出費は、誰しもが控えたいものですよね。日々のちょっとしたお手入れや、扱い方に気をつけてトラブルを回避できたら一番ですよね。

今回は、「なぜ洗濯機が脱水できなくなってしまったのか」という原因と「こんなとき、どうしたらいいの?」を解説していきます。

 

 

洗濯機が脱水できなくなった!3つの故障原因とは

脱水できなくなってしまった際には、下記に挙げる例を思い出してください。

洗濯物が片寄ってはいませんか?

洗濯機のなかで洗濯物が片寄ると、脱水がおこなわれずに止まってしまうことがあります。例えば、バランスボールに乗ったとして、左右どちらかに傾いてしまうと、重心を真ん中に保とうと身体を左右に動かす方が多いと思います。そこで、バランスをとれる方やとれない方さまざまですよね。

さきほど例に挙げたように、洗濯機もバランスをとろうと左右に振動して片寄りを直そうとします。そして、なかには動きが大きすぎて洗濯槽が壁にあたってエラーが出て、止まってしまうことがあるのです。

 

洗濯物の量には気をつけましょう

洗濯物が極端に多かったり、少なかったりすると、脱水がされないことも。なぜ、脱水がうまくおこなわれないのかを、これから解説していきます。

・洗濯物が多いとき

洗濯物が多いと、うまく回らないことがあります。洗濯物の量が多く・重く、洗濯機が持っている力では動かせずに、停止してしまうのです。

・洗濯物が少なすぎるとき

洗濯物が少なすぎると、片寄って脱水できずに止まってしまう場合も……。洗濯物自体が少ないと洗濯機のなかでグルグルと回っているうちに、衣類同士が絡まってかたまりになり、重心が左右に片寄り、停止してしまうことがあります。

 

排水に問題はないですか?

洗濯機にとって、排水口・排水ホースはとても重要なものです。排水口にものが詰まっていたりすると、水が行き来する出入り口がふさがれてしまい、うまく排泄されなくなってしまいます。それと同じくらい大きな役目をしてくれているのが排水ホースです。

排水口に問題がなくても、排水ホースにも目を向けてみてください。ホースが折れ曲ったりしていると、水の通りが悪くなりスムーズに脱水がおこなわれなくなってしまいます。そして、洗濯機のなかに、【排水弁】と呼ばれる部品のつまりがあるのはご存知ですか?

排水弁は、洗濯機の中に水を溜めたり排水してくれる蛇口のようなものだと、覚えてもらえたらわかりやすいかと思います。

蛇口のような大事な部分に、ゴミや汚れが詰まっていたら水は流れにくくなったり、流れなくなったりと支障が出てしまいます。排水弁も同じように、ゴミや汚れが詰まっていたりすると脱水ができなくなってしまうのです。

 

洗濯機本体は正常な状態で使用していますか?

上記が当てはまらない場合、洗濯機本体に原因がある可能性が大きいです。洗濯機本体が不安定な置き方でガタついたり、蓋がきちんと閉まっていないとセンサーが誤って運転を止めているおそれがあります。

 

 

洗濯機が脱水できなくなったら試したい処置方法

洗濯機が脱水できなくなったら試したい処置方法

 

上記では「なぜ、脱水ができなくなってしまったのか、その原因について」を解説してきました。しかし、原因だけが分かっても仕方ないですよね、次は脱水できなくなったときの対処方法について触れていきます。

 

1.洗濯物が片寄っているときは

前述でも上がっていた原因、洗濯物が片寄って脱水ができずに止まってしまったときには片寄った衣類をほぐしてから、片寄りがおきないように再度脱水をおこなってみましょう。

 

2.洗濯物が多すぎるときは

洗濯物の量を減らしてあげましょう。少し手間にはなりますが2回に分けて脱水することをオススメします。

 

3.洗濯物が少なすぎるときは

まずは、衣類どうしの絡まりはほぐしてみてください。ほぐした後に、そのまま同じ量で入れてしまったらまた脱水ができないおそれがあるので、洗濯物の量を増やすといいでしょう。

 

4.排水に問題があるときは

排水口を確認するには、排水口から排水ホースを取り外してください。そして、排水口に水を流して詰まりがあるか確かめましょう。排水口用の洗剤などを流して、詰まりや汚れを落としましょう。

排水ホースを本体に設置する際も、注意が必要です。ホースをつなぐときは、水の流れの妨げにならないように気をつけてつないでください。

 

5.洗濯機本体に問題があるときは

洗濯機の置き場所が不安定だった場合は、置き場所を変えてみるといいでしょう。平坦なところに置けば、ガタガタと揺れたりすることもなくなります。

蓋が閉まっていないことが止まってしまう原因なら、きちんと閉めてからもう一度脱水をしてみましょう。

 

「試したけど、脱水ができなかった」ときは

前述の対処方法を試したけど脱水ができなかった……。自分で原因を見つけて直せるのであれば、それが一番でしょう。しかし、プロではないと直せない場合があります。そんなときは、速やかにメーカーや業者に修理依頼を出しましょう。もしかすると、洗濯機内部の部品に問題があるかもしれません。

 

 

洗濯機の故障トラブルは脱水以外にもさまざま!起きやすい現象3点

上記では「脱水ができない原因・対処方法」をご紹介させていただきました。洗濯機のトラブルは、脱水以外にもさまざまなものがあります。次は3点についてまとめてみました。

異音がする

洗濯機から「ガタガタ・カタカタ・ガタンガタン」という、こんな異音聞いたことはありますか?これは、洗濯物の詰めすぎが主な原因です。とくに、脱水時の際にはかなりの回転がかかってしまうため、エラーが出て停止してしまいます。

洗濯物を一度に大量に洗うと、異音が鳴り、激しいと、地震でも起きたかのように洗濯機そのものが揺れてしまうことも。洗濯物の量は適度に入れて洗濯をしましょう。

 

水漏れが起きる

洗濯機は「水」を使用するものなので、水漏れなど気にしてらっしゃる方は多いと思います。そこで、水漏れの原因とその対処法についてご紹介していきます。

 

排水ホースから水漏れ!?原因とその対処方法

排水ホースから水漏れしている原因は、ホースに穴やキズがある場合と洗濯機で排水ホースを踏みつぶしてしまっているといった原因が考えられます。

ホースに穴などが開いていて水漏れしている場合では、床が水浸しになってしまうことも。ホースに穴や、キズがある場合は、防水テープで処置をしてください。しかし、これは一時的なものなので、早めの交換をおすすめします。

なぜなら処置した箇所から再び水漏れが起きてしまうおそれがあるからです。そして、あらたに買ったホースが、破損しないためにも対策は必要不可欠です。ホースが破損しないよう、洗濯機による踏み付け、ホースを折り曲げが発生しないように設置しましょう。また、接続部分からの水漏れ対策は、防水テープで巻きつけると効果的です。

 

洗濯機が回らない

洗濯機が回らないという経験はありますか?脱水や異音、水漏れ、なんの前兆もなくトラブルにあってしまうのは怖いものですよね。次は洗濯機が回らない原因その対処方法をご紹介していきます。

 

水の行き来がされていますか

洗濯をしている際に、水の行き来がきちんとされていないと、停止してしまいます。因・対処法を下記にまとめてみました。

・給水が問題……蛇口がしっかり開いていない、閉まったままでの洗濯

閉まったまま洗濯しようとすると、給水不足で停止します。なので、エラーが出た場合には蛇口が開いているかの確認をしてください。

・排水に問題……排水口に糸くず汚れなどゴミが溜まっている

排水口に小さいゴミなどが溜まってしまうと、水通りの妨げになって排泄されず止まってしまいます。詰まりを取り除くには、排水口用の洗剤を使うといいでしょう。

 

 

洗濯機の不具合がなおらないときは業者へ相談しよう

洗濯機の不具合がなおらないときは業者へ相談しよう

 

今回ご紹介した対処法で「なおらなかった」という場合は、業者に依頼を出しましょう。自分自身で洗濯機の分解などしてしまった際には、恐ろしいことにメーカー保証が使えず、修理ができなくなってしまうことも……。メーカーに依頼するときは、洗濯機の症状を伝え、電話する際に保証書を手元に置いておきましょう。

もし、保証書が切れていたら無料で修理ができません。症状によって、金額が上下したりとさまざまです。金額や買い替えなどは、業者と相談しながら決めることをオススメします。

 

 

まとめ

「脱水や異音、水漏れ、洗濯機が回らない」その原因と対処法についてご紹介しました。対処法を試しても、うまく作動されなかったときは、プロに任せるのが安心です。自分での分解などはせずに、そのままの状態を見てもらいましょう。

明確な原因をきちんと見極め、自分で対処が可能な範囲であれば自ら修理を試みても問題はないでしょう。しかし「これくらいならもしかしたらいけるかも……」と少しでも不安があるなら、業者やメーカーに修理を依頼した方が賢明でしょう。